「TOKYO ART BOOK FAIR」は、普段はそれぞれの国や地域で、印刷物を通した独自の表現を続ける出版社、ギャラリー、アーティストたちが世界中から集まり、数日間にわたる会期を通じて、のべ2万人超の来場者が訪れ賑わいをみせる、アートブックの祭典。
今回、10回目を迎える本フェアが、2019年7月に約2年ぶりに開催予定。これに先駆け、2019年3月8日(金)から一カ月にわたり「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」が開催される。
「Ginza Edition」では、お金ではなく“本10冊”を出展料とし、毎週末入れ替わりで20組ずつの出展者が参加する「ブース出展」。出展された“本10冊”を中心に1,000冊を超えるアートブックがストックされた「Art Book Vending Machine」。そして久しぶりの復活となる公募からTABFがセレクトする国内外の個性豊かなアートブック、ZINEを展示販売する「Zine’s Mate Shop」など、さまざまなコンテンツが用意され、より日常的な場で日々制作に励む作り手たち、そして彼らが作るアートブックと繋がる空間が創出される。

「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」
日程:2019年3月8日(金)~4月7日(日)
会場:Ginza Sony Park(東京都)
時間:10:00~20:00(初日のみ17:00~21:00)
https://tokyoartbookfair.com/ginzasonypark/